ドイツ/ジャパン・ビジネス・グループ

Diese Seite auf: Deutsch, Englisch

ドイツにとって日本はアジアで中国に次いで大切な貿易相手国です。世界第3位を誇る国内市場を持つ日本は、輸出大国であるドイツにとって特別な位置を占めています。ドイツ企業の日本への主な輸出品目は、化学製品、自動車及び自動車関連部品、そして機械です。アジア経済をリードする日本にとっても同様に、輸出は日本経済を支える大切な柱であり、日系企業もビジネスをグローバルに展開していること周知の事実です。対輸出における日本企業の強みは電気自動車や電池技術など、革新力に溢れた未来を担う最先端技術であり、国内に目を向ければ日本の整ったインフラと質の高い労働力は安定した投資環境の提供を可能にしています。

「プライスウォ-タ-ハウスク-パ-ス (PwC) ドイツのジャパンビジネスグループは、国内及び国際税務、商法・会社法、会計、そしてクロスボーダー企業再編/トランザクション等の分野で日系企業を長年に亘りサポートして参りました。当社の日独双方の専門家から成る専門化がチームを組むことで、日系企業のクロスボーダーなビジネスを全面的にサポートすることを可能にしています。」と、ドイツのジャパンビジネスグル-プのリーダーであるニコラウス・トゥンスは語っています。

ドイツのジャパンビジネスグループは、デュッセルドルフ、フランクフルト、ハンブルグとミュンヘンに拠点を構え、各事務所で多言語によるサービスを提供致します。主なサービスは、法人及び支店の設立、組織再編、企業買収、税務プランニング、企業価値評価または会計関連サービスなどの分野におけるサポートです。経験豊富な弁護士スタッフを抱えるPwC法務部門を含め、PwCの各サービスラインとの密接な協力関係が本当の意味での包括サービスの提供を可能にしています。